Event is FINISHED

【佐渡のブリを会場で捌く!】「にいがたライフスタイルカフェVOL.4海の暮らし」

Description

自分らしいライフスタイルってなんだろう?

近年、移住や二地域居住、ノマド・リモートワークの増加などライフスタイルの選択肢が広がっています。

そして、好きな人、好きな場所、好きな仕事、などなどライフスタイルを決める要素はたくさんあります。

しかし、要素や選択肢が多すぎて自分らしいライフスタイルが決められない!

そう思う人も多いのではないでしょうか?

暮らしたい場所で当たり前に暮らす。

「にいがたライフスタイルカフェ」では、このキーワードで自分らしいライフスタイルを実現している先輩を招いてトークセッションとワークショップを行い、これからの暮らし方について考える会です。

「やりたいこと実現する方法」「なぜ、その生き方を選んだのか」「何を想い、働いているのか」を一方向のセミナーではなくゲスト、スタッフ、そして同じ考えをもっている皆さんと一緒に考えてきたいと思っています。


第四回目のテーマは『海の暮らし』

日本海に浮かぶ離島・佐渡島。「トキ」「金山」などの観光資源はあるけど、新潟市内から1時間。冬には定期船が欠航となることもあります。進学や就職で島外に出る若者が多い一方で、島に魅了されて移住する人も増えています。若手の漁師、佐渡に魅せられて移住した地域おこし協力隊、海の魅力を発信するPR大使、伝統文化の太鼓の魅力を伝える地域づくりコーディネーター。それぞれ立場は違えど、佐渡に魅了された若者たちから、海の魅力・島の魅力・佐渡の魅力を語ってもらいます。


そして、新潟の魅力の一つは“海の幸”。
寒ブリや佐渡マグロ、南蛮エビにベニズワイガニ…佐渡直送の鮮魚を漁師が会場で捌きます!


「やりたいことを仕事にしたい」「地方で暮らしたい」「色んなジャンルの色んな働き方をしている人を知りたい」そうお考えの方、ぜひご参加ください!


■ゲスト■

IMG_6297 - コピー斉藤 千里佳(さいとう ちさと) 佐渡市地域おこし協力隊/Iターン
埼玉県出身。大学卒業後、東京のマーケティング・PR会社に約3年間勤務。PRの仕事経験を地方で活かしたいと考え、仕事の合間をぬって移住先を探すなか佐渡と出会う。2015年から地域おこし協力隊として佐渡に移住し、現在は商店街の活性化をテーマに、各商店への取材、イベント企画、販売促進企画、情報発信などに取り組む。 プライベートでは、住居を海から徒歩3分の場所に構え、SUP(スタンドアップパドルボード)等のアクティビティで、波の立たない佐渡の穏やかな海を満喫している。

IMG_6311 - コピー石崎 義典(いしざき よしのり) 漁師/飲食店経営/Uターン
新潟県佐渡市出身。佐渡市内の高校を卒業後、アメリカに語学留学。帰国後は様々な仕事をしたのち新潟市内で居酒屋を現社長とオープン。生産現場のことを学 び、食材の新規ルートを開拓するため、今年から漁師のもとに修行に入る。自ら漁に出て、消費者に直接届ける新しいワークスタイル“漁師×シェフ×経営者” を目指す。

dot - コピー山本 佳那(やまもと かな) 佐渡たらい舟娘/祝服デザイナー/東京在住
佐渡市出身の服飾デザイナー。初代「佐渡たらい舟娘」として、首都圏をはじめ、各種イベントで佐渡市の観光・地域PRを行うほか、夏に行われる成人式に着る「成人服プロジェクト」などを手掛ける。東京から生まれ故郷の佐渡を応援する。


■モデレーター■

IMG_6335上之山 博文(うえのやま ひろふみ) 鼓童文化財団/Uターン
新潟県佐渡市生まれ。高校まで佐渡で過ごし、島外の大学に進学。卒業後は新潟市内の企業に就職。「いつかは大好きな佐渡に戻ろう」と思っていたところに、鼓童文化財団のスタッフに誘われ、Uターンを果たし就職した。現在は「佐渡太鼓体験交流館(たたこう館)」スタッフ、「アース・セレブレーション」事務局として太鼓や佐渡の魅力を発信するほか、「地域づくり実習生」などIターン者の受け入れなどに取り組む。


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-10-31 10:24:56
More updates
Fri Nov 20, 2015
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
いいオフィス
Tickets
イベント参加(フードドリンク付き) ¥2,000
Venue Address
(〒110-0015 東京都台東区東上野2-18-7 共同ビル 3F) Japan
Organizer
にいがたイナカレッジ
1,265 Followers